ホーム
お申込方法
業務規程
旅行保険
旅行ギフト券

会社概要
旅行業約款
プライバシーポリシー
リンク集
お問い合わせ

メニュー
レース紹介・大会案内・サイクリング
ヨーロッパ3大アルプス~花のハイキング8日間2017


 ☆欧州3大アルプス(ユングフラウ,ツエルマット,シャモニー)
 ☆ユングフラウ、アイガーを直下と反対側の山からも展望
 ☆モンブラン・赤い針峰群を眺めながら、ハイキング
 ☆ユングフラウ鉄道全線開通乗車券
 
 専門の日本語ガイドがお世話します



Good Will Tour 基本情報
● 開催日     :2017年8月24日、 9月22日
● 締切日     :出発日の45日前まで
● 泊数      :計6泊 (
延泊可能)
● 催行人数   :5名以上で催行

特典
●VISA・マスター等のクレジットカードも使えます。
●途中、水やバナナ等の補給、日本語ハイキングガイド同行

ポイント
 ●ハイキング催行人数は、6-15名以内です
 ●基本的には、全員同時進行のハイキングが原則です
 ●参加者は、普通に健康な方ならどなたでも参加できます
 ●ハイキングガイドが全行程同行いたします
 ●個人の携帯電話は、海外使用のものをご持参することを薦めます
 ●各コースともウオーキング地図をお渡しします
 ●自然状況、交通状況により、日程の内容が変更する場合があります
 ●事故や故障は、個人責務になりますので当社の「安全規則」に賛同いただきます
 ●朝、夕食付です。 但し、飲み物は含まれません
 ●弊社専用のハイキング保険に全員加入いただきます

 ◇ハイク初級:1回の歩行時間2~3時間くらい。 1日の歩行時間が3~4時間以内。
 ◇ハイク中級:1日の歩行時間が4~6時間以内
 ◇ハイク上級:1日の歩行時間が6時間以上
スケジュール
都市 goody-ハイキング
1 チューリッヒ 専用車にてグリンデルワルドへ (グリンデルワルト泊) 
2 グリンデルワルド 登山列車で、ユングフラウヨッホ観光とアイガーハイキング~クライネシャデッグ(2,061m)~ユングフラウヨッホ(3,454m)帰路~アイガーグレッチャー~クライネシャイデックへハイキング(1h30)クライネシャイデック~メンリッヒェン(2,230m)へハイキング(2h) メンリッヒエン~ロープウエイ~グリンデルワルト      (グリンデルワルト泊)
3 ツエルマット グリンデルワルト~専用車~ラウターブルンネンへケーブルでミューレン~ベルナーオーバーランド三山展望とミューレン花のハイキング~アルメントフーベル~ミューレン・展望と花のハイキング(1h30)ツエルマットへ                  (ツエルマット泊)
4 ツエルマット 登山電車でゴルナーグラードへ(3090m)展望台~リッフェル湖ハイキング~ゴルナーグラード展望台(3090m)~登山電車でローテンボーデン(2815m)~マッターホルン ~「逆さマッターホルン」リッフェルゼー~リッフェルベルグへ~ツエルマット(ツエルマット泊)
5 シャモニー  地下ケーブルカーでスネガー~ ロープウエイでロートホルンへ~ロートホルン展望台(3,100m)と湖めぐりハイキング ~ブラウヘルト~ステリーゼーへ~天気が良ければマッタホルンが湖に写ります。次の湖グリンジーゼーはカラマツに囲まれた絶好の撮影ポイント。3つ目の湖ライゼーは大勢の人で賑わう。ツエルマット~スネガーよりケーブルカーでシャモニーへ             (シャモニー泊) 
6 シャモニー  専用車でシャモニーへ~ ロープウエイにてモンブラン展望台・エギーユ・デュ・ミディへ(3842m)~ロープウエイにてブラン・ド・レギーユへ~モンブラン展望ハイキング~ブラン・ド・レギーユ(2310m)よりモンタンベール(1909m)までハイキング~シャモニー(約6km/3h30)
                           (シャモニー泊) 
7 移動日  シャモニー 専用車~ ジュネーブ  (延泊可能です)




注意 ご確認ください
基本的な
手配案内
ホテル宿泊、列車等全交通費、朝夕全食事、送迎とその係員、
ハイキング情報案内、専用ガイド、渡航関係書類、航空券、
 (内容はハイキング内容により多少の差異あり)

詳細:お問い合わせ下さい

注意 ご確認ください

気候と服装 1日の温度差が激しくその日の天候により気温がかなり変化します。夏でも山麓の町(標高1,000から1,800m)では朝晩5℃から10℃。ハイキングコース(標高2,000m)では日中10℃~20℃。標高の高い展望台(3,000m~)では悪天候時は、0℃位まで下がるため重ね着で防寒対策、調整をして下さい。
持ち物 シャツ、ズボン、吸汗性、速乾性、保温性の高いベースレイヤー(ポリエステル、ポリプロピレン製等。綿製はできれば避けましょう)。ストックは普段お使いの方はお持ち下さい(足や膝の負担軽減に役立ちます)。小型ザックは25リットル程度の容量が良いでしょう。雨具はゴアテックス製の上下セパレートタイプで風除けジャケットとしても良い。日焼け対策では帽子(ストッパー付)サングラス、日焼け止めクリーム ・リップクリーム(乾燥しています)
ザックの中身 雨具・水筒・行動食・防寒着・貴重品・常備薬・カメラ双眼鏡・ザックカバー
トレッキング
シューズ
くるぶしまでのミドルカット。ゴアテックス等使用防水性高く履き馴らした靴で底は硬く厚いものが疲れにくい。靴下は中厚手トレッキング用ソックス。
高山病対策 酸素を無駄に消費しないように心がける。 水分をこまめに補給する。出発前に体調を整え疲れを残さないように調整。 お酒とタバコを控える。 睡眠は十分に。寝不足にならないように。 走ったり大声を出さないように注意。 お風呂は湯船に浸からず少し温めのシャワーを。 あまり心配しすぎないように。 深呼吸を心がけ体内に酸素、腹式呼吸を。 食事は腹八分目に(消化器官が弱るため)。 薬服用の方は予め医者に相談を


注意お問合せ・お申込み
        
□ネット申込:「こちら」  □メール:info@goodwilltour.com
        □☎:03-3816-1504   □ファックス:03-3818-6993


~~~グッディースポーツツァー~~心よりお待ち申し上げます~~~~~
      ㈱グッドウィルツァー~東京都知事登録旅行業第3-3905号